脱毛コラム

脱毛前は体調管理を!

脱毛前は体調管理をしっかりとおこなう

脱毛サロンに関する口コミをチェックしていると、

「苦労して脱毛の予約を取ったけど、施術当日にサロンに行くと『今日は施術できません』といわれた」

という感想が時々見受けられます。

なぜ予約しているのに施術を断られることになるのでしょう?

それは施術が体調に影響するのを避けるためです。

現在、サロンや医療クリニックでは、光を使って発毛を阻害する脱毛法が主流となっています。

サロンでは主にキセノンランプによるIPL(インテンスパルスライト)、そして医療クリニックではアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザーを使いますが、いずれも毛根のメラニンに反応して熱エネルギーに変化。その熱で組織を弱体化したり完全に死滅させたりします。

組織の機能を麻痺させるほどのパワーですから、毛根の周りの皮膚にもどうしても熱が移って、赤み(皮膚の炎症)、かゆみなど、軽いやけどの症状が出ます。

もし体調が万全でない場合は、これらの症状が悪化し、重篤な病気につながることもあるのです。

このように脱毛処理は体調にも影響を及ぼすケースがあるため、施術に関してはサロン、クリニックともども、色々と制限を設けています。

例えば肌の乾燥がひどい場合、施術不可という場合が多いですし、風邪、発熱、特殊な薬の服用時も施術はできません。

このようにせっかく予約を入れたのに、条件をクリアしていないせいで脱毛してもらえない、というケースは思ったより多いようです。

こういう事態を避けるためにも、体調を整えることは重要。

あと、ムダ毛の剃り残しがある場合もその部位は施術してもらえません。キチンと自己処理するようにしましょう。

高槻の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛でワキガを改善させたいときには刺激の弱い方法を選ぶと良い

脱毛でワキガを改善する?

ワキガが気になる女性
脱毛するとワキガが改善するケースがあるというのは知っている人も多いかもしれません。

脱毛をすると脇に集まってくる細菌がからみつく場所がないので、それだけワキガの原因になるものが取り除かれるということが言えますけど、脱毛サロンで脇の脱毛をするときには、刺激に気を付けないといけないのです。

というのも、刺激を与えすぎてしまうと、脱毛をしたことによるワキガの臭いの軽減の効果を打ち消してしまう可能性があるからです。

刺激が弱い脱毛方法を選んでいかないといけない

レーザー脱毛などの強い刺激を与えると、脇の中にあるアポクリン腺を刺激することがあり、それによってワキガの臭いが強くなるという可能性もあります。

だから、脱毛サロンで脱毛をするときには脇は刺激が強くない方法を選んでもらった方が良いと言えます。

例えば、フラッシュ脱毛などはレーザー脱毛よりも刺激が弱いので、痛みも感じづらいですし、ワキガの刺激ににもなりづらいと言えるため、かなり向いている方法と言えるのではないでしょうか?

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりはマイナーな方法かもしれませんが、対応してくれるサロンは多いと思うので、脇の脱毛を脱毛サロンで行うという人は、そういった方法についてもちゃんと考えておいた方が良いと言えます。

脱毛するとワキガが改善するということはありますが、そのためには刺激が弱い方法を選んでいかないといけないということになります。

アンダーヘアの脱毛のメリット

アンダーヘアの脱毛について

アンダーヘアの脱毛
近年体の様々な部位の脱毛が当たり前となっています。人から見られる顔周りや足や腕などを脱毛されている方も多いですし、普段は見られない部分を脱毛している方もいます。そんな中でアンダーヘアの脱毛を考えたことがある人もいらっしゃると思います。しかしアンダーヘアの脱毛は他のものに比べて恥ずかしかったりするので、少し抵抗があってやらないという場合もあると思います。なのでここではアンダーヘアの脱毛のメリットについて話していこうと思います。

アンダーヘアの脱毛のメリット

まずアンダーヘアを脱毛することで清潔感を保つことができます。どこの部分でも同じですが、毛が生えているところは汗をかいたらじめじめしてきれいなイメージはありませんよね。さらにアンダーヘアは見た目からもあんまりきれいというイメージが湧きにくいと思います。しかし脱毛すれば清潔に保つことができますし、イメージも変わります。

さらに毛がはみ出すという事態を未然に防ぐことができます。女性の方は水着を着た際にアンダーヘアが出ているかどうか特に気になりますよね。このような心配も脱毛すれば解決することができます。

さらにアンダーヘア特有のごわごわ感を無くすことによって、不快感を感じなくなります。アンダーヘアは太くてちりちりなので、それを無くせば開放感を得ることができます。

アンダーヘアの脱毛にもいいところがあるので、迷っている方はぜひ挑戦してみてください。

埋没毛の原因そしてその解決法

埋没毛について

埋没毛について考える女性
皆さんの中にニキビとは違う黒いぶつぶつができたことがあるという方はいるでしょうか。この黒いぶつぶつのせいで開放的なファッションができないと悩まれる方もいるでしょう。その正体は埋没毛と呼ばれるもので、皮膚の中で毛が成長している状態のことを指します。ではこの埋没毛はなぜできるのでしょうか。

埋没毛ができる原因

この埋没毛ができる原因はムダ毛処理が原因だと言われています。ではムダ毛は処理してはいけないのとなってしまうのですが、そうではありません。正しい使い方をしていれば埋没毛は起こりません。まずこの原因について深く考えていきましょう。

ムダ毛処理の仕方を見直すことが大切

ムダ毛処理の際に皮膚を傷つけてしまう場合もあります。それはクリームをきちんと塗っていなかったり、カミソリなどを毛の流れとは反対方向から剃っていたりなどの場合です。それで皮膚が傷つくと治す際に毛穴を塞いでしまいます。そうなるとまだ毛根が生きているわけですから、皮膚の中に閉じ込められた状態になりこの埋没毛になります。
これにならないためにはムダ毛処理の仕方を見直すことが大切です。肌を傷つけるような処理をしていないか思い出してみてください。もし乾燥したまま剃っていたり、刃の枚数が少ないカミソリで剃っていると傷がつき、埋没毛に繋がってしまいますので、できるだけ控えてください。

埋没毛は見た目が良くないですし、放っておくと毛嚢炎にもなってしまうのでならないように心がけましょう。

産後の脱毛で家庭用脱毛器を使うメリットとして大きいもの

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後というのは子どもの面倒を見ないといけないということで、なかなか外出することが厳しいと言えます。

したがって、脱毛サロンを利用したいと思っていてもそれがなかなかできないという事情があると思います。

そうなると脱毛サロンは利用しづらいですし、そもそも産後すぐの時期というのは脱毛サロンを利用しようと思っても不可能な場合もあるので、そこは知っておかないといけないのです。

でも、脱毛サロンで脱毛をしたいと思っている人もいるはずで、そういった人はどうしたら良いのか?という問題があります。

産後の脱毛では家庭用脱毛器を使うという手もありますから、それを使用するということも考えてみると良いでしょう。

家庭用脱毛器が1番役立つ

脱毛サロンで脱毛をしてもらえれば、やはり仕上がりの具合というのは1番満足度が高くなると思いますし、そういったところがメリットになるわけですが、産後の脱毛ではサロン側に断られるケースもあり、仮に可能でも外出をしないといけないということが難しい場合もあるので、家の中で脱毛サロン同様の脱毛を行うときには家庭用脱毛器が1番役立つと言えるのではないでしょうか?

家庭用脱毛器を使えば、産後の脱毛においてもサロンに行ったときと同じような脱毛が、家の中で子供の面倒を見ながら行えるので、こういったやり方も覚えておくと良いでしょう。

以前脱毛サロンで勧誘されてイヤな思いをしたと言ってみる

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘を曖昧に「考えておく」というだけでは伝わらないことがあります。高いコースを無理にすすめられることもあるので、まったくその気がない場合は施術を受ける前に意思を伝えておきましょう。脱毛サロンでは、事前に肌の状態や毛の質を見て、ひとりひとりに合った施術を決めるカウンセリングがおこなわれます。その際に「前の脱毛サロンで無理やり勧誘されてイヤな思いをした」と言ってみましょう。それを聞いたサロン側は、勧誘がイヤでうちに来たのにまた勧誘をしたらイヤがられると判断するでしょう。これなら無理に高いコースをすすめられることもありません。

勧誘を上手く断るには

脱毛コースの契約以外に、サロンで開発した化粧品をすすめてくることもあります。化粧品の説明が始まると断りにくくなって購入してしまう人もいるようですが、不必要なものはきちんと断らなければなりません。「必要ないので購入しません」と言いましょう。考えておくという言い方をすると、何度もすすめてくることがあります。

会社の経営方針で勧誘をするところもありますが、ないところもたくさんあります。できるだけ勧誘がない脱毛サロンをセレクトしましょう。ホームページの情報では分からないので、体験コースを受けた人がまわりにいればその人の意見を聞いておくと良いでしょう。