脱毛前は体調管理を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛前は体調管理をしっかりとおこなう

脱毛サロンに関する口コミをチェックしていると、

「苦労して脱毛の予約を取ったけど、施術当日にサロンに行くと『今日は施術できません』といわれた」

という感想が時々見受けられます。

なぜ予約しているのに施術を断られることになるのでしょう?

それは施術が体調に影響するのを避けるためです。

現在、サロンや医療クリニックでは、光を使って発毛を阻害する脱毛法が主流となっています。

サロンでは主にキセノンランプによるIPL(インテンスパルスライト)、そして医療クリニックではアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザーを使いますが、いずれも毛根のメラニンに反応して熱エネルギーに変化。その熱で組織を弱体化したり完全に死滅させたりします。

組織の機能を麻痺させるほどのパワーですから、毛根の周りの皮膚にもどうしても熱が移って、赤み(皮膚の炎症)、かゆみなど、軽いやけどの症状が出ます。

もし体調が万全でない場合は、これらの症状が悪化し、重篤な病気につながることもあるのです。

このように脱毛処理は体調にも影響を及ぼすケースがあるため、施術に関してはサロン、クリニックともども、色々と制限を設けています。

例えば肌の乾燥がひどい場合、施術不可という場合が多いですし、風邪、発熱、特殊な薬の服用時も施術はできません。

このようにせっかく予約を入れたのに、条件をクリアしていないせいで脱毛してもらえない、というケースは思ったより多いようです。

こういう事態を避けるためにも、体調を整えることは重要。

あと、ムダ毛の剃り残しがある場合もその部位は施術してもらえません。キチンと自己処理するようにしましょう。

高槻の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*