タトゥーを入れていると脱毛できない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タトゥーを入れていると脱毛できない?

昔は特殊な職業の人しか入れていなかったタトゥーですが、現在ではファッションのひとつとなり、オシャレに関心のある人が手軽に入れるようになりました。

ところがそういう人が脱毛してもらおうとサロンや医療クリニックに行くと、施術を断られることがあります。

これはどうしてでしょうか?

その理由は脱毛法と関わりがあります。

現在、サロンや医療クリニックで使われている脱毛法は、光を用いるものがほとんど。その光は毛根のメラニン色素だけに反応して熱エネルギーに変わります。
それによって発毛に関わる組織を弱体化したり破壊したりするわけです。

サロンでは主にIPL(インテンスパルスライト)、クリニックではレーザーを使います。波長が単一なのか複数の組み合わせなのか、あるいはパルス幅による照射時間の長短といった違いはありますが、脱毛における原理は全く同じです。

光はメラニン色素だけに反応するので、普通の色をした肌には影響を与えません。ところがタトゥーの場合、その色の濃さからメラニンとして認識されることが多いのです。

そうなるとレーザーや光がその部分で熱エネルギーに変わるため、ヤケドしてしまう可能性があります。

ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでタトゥーを入れた人が施術を断られるのはそんな理由からです。

ではタトゥーを入れていると絶対に脱毛ができないのかというとそうではありません。

光脱毛をやめて、ニードル脱毛を選べば、脱毛処理は可能です(針脱毛、絶縁針脱毛、電気脱毛の別名あり)。

ただニードル脱毛は大変な痛みがともなう、というデメリットがあります。施術を受けるなら、それを覚悟しておきましょう。

高槻の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*