脱毛の施術後はタイツを避けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛の施術直後はストッキングやタイツを避けよう

最近はテレビで脱毛サロンのコマーシャルが盛んに流されています。そのせいで脱毛に対するハードルが下がり、施術を手軽なものと考える人が増えてきているようです。

ただ、費用と時間がかかるだけあって、決してマッサージのように安直なものではありません。施術を受けた直後も色々と注意しなければならないポイントがあります。

よくいわれるように日焼け、入浴、飲酒、激しい運動は避けるべきですが、実は服装にも注意が必要です。

例えば脚を脱毛した直後は、ストッキングやタイツなど、肌に密着する衣類は着るのをやめましょう。

施術を受けた後の肌は熱のせいで多少ダメージを受け、バリア機能が低下しています。外からのわずかな刺激に対しても過剰に反応してしまい、赤みが悪化したり、かゆみがひどくなるなど、トラブルの発生につながります。

特にストッキングやタイツは肌にぴったりと密着し、摩擦を起こしやすい衣類ですから、デリケートな肌には刺激になります。
代わりに靴下などを着用し、肌トラブルが起こらないようにしましょう。

またストッキングやタイツだけでなく、肌を締めつけるようなパンツルックやジーンズも、施術後には控えた方が無難です。

その意味で、施術後に自宅でシャワーを浴びる時にも、肌を強くこすって洗うのは厳禁。

なるべくタオルやスポンジを使わないようにし、石鹸をよく泡立ててそれだけで洗うか、ぬるま湯で汚れを簡単に洗い流すなどして、デリケートな肌に刺激を与えないようにしましょう。

もし肌トラブルが起こると施術が不可能になり、予約の取りにくいサロンだと次の施術当日まで数ヶ月待つことにもなりかねません。

くれぐれも施術直後の肌は大事にいたわって下さい。

高槻の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*