以前脱毛サロンで勧誘されてイヤな思いをしたと言ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘を曖昧に「考えておく」というだけでは伝わらないことがあります。高いコースを無理にすすめられることもあるので、まったくその気がない場合は施術を受ける前に意思を伝えておきましょう。脱毛サロンでは、事前に肌の状態や毛の質を見て、ひとりひとりに合った施術を決めるカウンセリングがおこなわれます。その際に「前の脱毛サロンで無理やり勧誘されてイヤな思いをした」と言ってみましょう。それを聞いたサロン側は、勧誘がイヤでうちに来たのにまた勧誘をしたらイヤがられると判断するでしょう。これなら無理に高いコースをすすめられることもありません。

勧誘を上手く断るには

脱毛コースの契約以外に、サロンで開発した化粧品をすすめてくることもあります。化粧品の説明が始まると断りにくくなって購入してしまう人もいるようですが、不必要なものはきちんと断らなければなりません。「必要ないので購入しません」と言いましょう。考えておくという言い方をすると、何度もすすめてくることがあります。

会社の経営方針で勧誘をするところもありますが、ないところもたくさんあります。できるだけ勧誘がない脱毛サロンをセレクトしましょう。ホームページの情報では分からないので、体験コースを受けた人がまわりにいればその人の意見を聞いておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*